世代

どいつもこいつも昔いた会社の働き方しか自慢できないんか?

残業時間マウンティングは本当にお腹いっぱいだ。

 

「周りと差をつけるには、有能になるには、若いうちにたくさん働くしかない」って考えの中年があまりにも多すぎる。

そりゃ、彼らは”今の有能な自分があるのはたくさん働いたから”だろうし、

当然と言えば当然だけど。

間違ってるとは思わないけど、見習いたくはない。

しかし、まるでそれだけが正みたいな言い方しかしてこないもんだな。

「今は時代が違うから、そんなエグイ働き方じゃなくてもいいのかもね(笑)」

なんて、心にも思ってないの、バレバレですよ。

 

一人くらい、まともな働き方で、まともに成果出してる自慢してほしい。

 

なにが「若いんだしいっぱい働きな」じゃ、

その発言は、ブラックじゃないうちの会社では、浮いてるぞ!

って言いたくて仕方なかった。多分顔には出てた。

 

あんな自信満々で時代錯誤なこと言う人間やっぱりいるんだなって。

 

俺は残業するけど、絶対に残業が正しいなんて思わないからな。

 

 

愚痴になってしまった。

 

若い人のいない会社では、自分が異質だな。

夏の終わり、あと50回

というアルバムタイトル、凄い好きです、或るミイというバンドです。

高校~大学1年くらいのときによく見てた。

そのときはライブで知り合う友達とか、いたなあ。

本当に少ないけど、それで今でも仲良い友達もいて、結構嬉しい。

ライブハウスで友達作るって高校生だからこそできたような。

今、そういうことやろうとしても、なんか純粋じゃないよね。

 

 

でも、まぁ今年も夏終わりでウキウキなわけなんだけど、

24歳になってしまって、気は重い。

 

営業向いてないんじゃないかと常々思うし、

キャリアチェンジするなら年齢制限は確実にあるし、

「ああ、なんとなくこのままじゃいけないんだろう」

「このまま続けてもうまくいかないんだろう」

って思いつつも行動に移さないまま30歳になる自分が

一番鮮明なイメージとして脳に浮かぶ

目先のお金への執着と、なんとなく仕事を適当にこなしてしまうからこそ、

なあなあと続けてしまう。

自分のやりたいことが明確な人って本当に凄いんだよ。

尊敬する。

現状に対する不満は湧き出てくるのに

進むべき方向はわからないっていつまでもモラトリアムやってんなあって思う。

 

思うけど、思うだけなんだろうな。

なにがやりたいんだろう、何を仕事にしていたらいいんだ?

 

 

上記のライブ友達で、

ある友人は営業で就職したけど病んでしまって、フリーライターをしている。

ある友人は大手金融に就職したけど、今はwebデザインを学んでいる。

予想でしかないけど、

二人とも、「自分のなりたい姿」があってそこにギャップが生まれたからこそ、

今そういう道に進んでるんだろうなと思う。

自分はそういうギャップがないからこそ、なんとなく毎日を過ごせてしまうのかな。

 

芯がある人間ってかっこいい、みんな。

そして芯のない自分と付き合いをしてくれるみんなに感謝…

 

来年の夏も同じことを言ってそうだね。

 

 

就活の自己分析って大事

自分、凄い適当にやってたんですけど。

 

あれって実は凄い大事で、本とか読まなくても、

自分が働くイメージをもてる職種がいいね。

 

というのも、自分、ほんとに営業むいてないかもしれない。

前職の先輩にも言われたけど、その意味がやっとわかった。

気にしすぎるし、流せなくて全部受け止めてしまうし、頭の回転も早くない。

その場を切り抜ける能力に欠けている。

 

向き、不向きってあるよね。

 

駄目だね。

 

5年以内には人生をうまくレールに乗せたい。

脱線しまくり。

 

それでも毎週、週末に楽しみを作って、無理やり働いてます。

今週も頑張ろう。楽しいことのために!

ソラニン

浅野いにおって日曜日に読むもんじゃないな~。

気が重くなるね。

ソラニンの種田も芽衣子さんも社会人2年目で、

高校生で読んだ時と全然違う感情になるから今読むのオススメです。

 

 

しかし自分って寂しい人間だな~ってつくづく思うよ、

物にも環境にも人にも依存しすぎなんじゃ。

一人でも考えて生きて行こう。

 

 

みんなフジロックいいなあ。

来年はいきたいね。

社会人と言ったらフジロック…?

 

また月曜日だ

a

仕事中も仕事以外でも全然気持ちに余裕ない。

なんでだろう。短気にもなった。元から長い方ではないけど。

 

以前の自分の方が幾分かまだマシだった。

 

なにかおかしくなる前に、普通にしてたいね。

ダメだ~

 

 

 

 

ファンファーレと熱狂

しかし、自分のブログの記事暗すぎて笑ったわ。

 

さて、

なんか、就職してからの方が父親からの経済援助してもらってる気がして。

気がするというか確実に…。

引っ越しとか転職とかで。

断り切れないのも情けない…いや、情けない…。

どうやって返せばいいんだ。

お金貰ってる以上、なにか奢ったりしてもそれは結局その援助あっての、だからなあ。

 

どうしたもんか。

借りしか作ってない…。

 

いや滅茶苦茶情けない、どうしよう、なにで恩返しすればいいんだ!?

わかんねーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

ウワーーーーーーーーーーーーーーーーこれが24歳の姿か!?!?違う!!!

自立しろ!

 

思えば人の誘いを金がないって断れたことない

無理して捻出してるからこうなるんだ、計画性がないよ!

やっぱりクレカは作らないでおこう。

 

本当に今月の給料入ったら即飯連れて行こう、

感謝9割、1割は自分の罪悪感をなくすために。

親の空いてる日をきいてきます。

 

 

 

あと

最近イイ感じのコーヒー屋があったのでみんなを誘おう。

 

社会人になってからの変化

どうしてだろう、分別の付け方が下手になっている。

言っていいこと、悪いこと。がわからなくなっているようじゃ

小学生にすら劣ってしまうよ。

その場の一時的な雰囲気で流されてちゃいかんよね。

 

性格悪くなってるのかな?

 

あとは、一人でいることへの耐性が弱くなった。

いや、いい歳した男が言ってて本当に恥ずかしいんだけど。

 

8割がたは「せっかくの休日は遊ばないと」みたいな妙な使命感から

一人でいると焦るような気持ちがあるのだと思う。

 

残りの2割はなんだろう、

一人だけ取り残されてるような気がするのか?

少し違うか?

 

要するに依存してるんだと思う、

友人でもなんでも、自分と関わりのある人たちに。

なくしたときどうなるんだろうね。怖い怖い。

 

 

幼稚すぎない?書いてて痛々しいわ!

この歳の悩み事とは思えない、笑えるぜ~~~。

 

 

隙あらば自分語りと仕事の話しかならないこのブログ、

書くと鬱屈な気分になるのでよくない。

 

みんなどうやって過ごしてるんだ?

何考えていきてるんだ?

考えすぎる・悩みすぎる性格って疲れる生き方にしかならないね。

 

・・

 

話は変わって

近々の変化はApple Musicを始めた事です。

「俺はCDを買う、もしくは借りるんだ!」なんて言ってたんだけど、

ある友人からの「その金でライブいけるじゃん」が決定打でした。

確かによほど好きだなって思わないと、レンタルまでいかないけど

Apple Musicなら1曲から聴けるのが素晴らしい。

 

おかけでこれまで聴こう聴こうと思いつつ、聴けてなかったバンドたち、

オウガやくるりチャットモンチーなどきいております。

売れてるバンドは全部最高なんだよ、基本。

 

橋本絵莉子の声はすごい、「橋本絵莉子波多野裕文」もよかった。

 

あとは洋楽を少しかじりはじめたくらいかな。

 

そんな感じ。

 

文明の利器に感謝。

 

・・

 

リンク先はとても好きな文章、小説です

http://blog.livedoor.jp/only_if_you_call_me-joshua/archives/1347880.html